便秘の解消

便秘解消の無理なくできる改善策と予防方法を説明

便秘を解消できる生活習慣

便秘になると腸内の細菌が正常な働きをしなくなり、大腸癌の原因にもなりかねます。便秘解消の決め手は、何といっても食物繊維です。イモ、豆、プルーン、ゴボウなど食物繊維を多く含んだものを食べると便秘解消法によいですよ。

コロコロした乾燥便の出る人は、腸を潤す黒ゴマやハチミツ、クルミがよいと言われています。つねに便秘気味の人は、排便あるなしにかかわらず1日1回はトイレに行く癖をつけ、適度な運動を行うようにしましょう。起き抜け一杯の牛乳や水も効果的ですよ。便秘は生活習慣を変えるだけでも改善できることが多いので実行してみてください。

イライラ

血液中のカルシウムが不足するために起こります。

血圧の上昇

血管の細胞にカルシウムが過剰に入り込み血管が収縮して起こります。

血管障害

コレステロールとカルシウムが血管内壁に付着して血管が硬くなります。

骨折や骨の異常

骨の中のカルシウムの貯蔵庫量が少なくなった結果起こります。

妊婦の便秘

もともと便秘の体質ではない方でも、妊娠しますと便秘しやすくなると言われてます。それはなぜなのかについて、調べましたので説明します。

妊娠すると、黄体ホルモンというホルモンがたくさん出てきます。黄体ホルモンの働きは、子宮が収縮しないようにします。そのため、子宮のそばにある消化管の筋肉もあまり収縮することができない為、腸の蠕動運動が抑制されます。黄体ホルモンが便秘になりやすい一つの理由とされています。

もう一つ、妊娠すると つわりの時期があります。つわりがあると食事がきちんと食べらず、不規則になり、食べる量が減るため便秘を引き起こしやすい原因と言われています。

食生活がきちんとしていないと便秘になりやすいのは妊婦に限りません。しかも妊娠すると妊娠前に比べて運動量が減ります。こうした運動不足も一つの原因と言われています。